2年算数 かけ算(1)
子どもの学習支援 by いっちに算数

@ かけ算の意味と何倍の考え方
A 2・3・4・5の段のかけ算のしくみと九九の唱え方 
B 「×」の用語とかけ算の式の表し方
C 生活場面でかけ算を使うよさ

教え方1

下の問題を通して、かけ算の意味と式の考え方を教えます。


イラスト提供元


もんだい
1台に4人のれる車があります。この車が3台あれば、何人のれますか?

教え方

上の図のように、4人のれる車が3つ分あるので、4の3つ分のことを4×3とかき、よみ方を「4かける3」と教えます。
式であらわすと下のようになり、4×3のような計算を「かけ算」と教えます。

しき 
 4  ×  3  = 12
1つ分の数   いくつ分    ぜんぶの数

4×3=12は、4+4+4で求められることも教えます。

上のことを教えた後に、太字のところを声をだして練習をすると、このあとの「かけ算の勉強」が、わかりやすくなります。
4の3つ分のことを4×3とかき、よみ方は「4かける3」


教え方2

おもちゃの乗り物を使って、倍(ばい)の意味とかけ算が用いられる場面を教えます。


イラスト提供元

もんだい
おもちゃのモノレールがあります。
1台の長さは4pです。
2台つなぐと長さは何pになりますか?

←  4p  →←  4p  →

4pの2つ分のことを、「4pの2ばい」ということを教えます。
4の2ばいを式でかくと
4×2=8とかき、答えは8pです。

「ばい」と「かけ算の式」の考え方を、買い物の場面で考えさせると、かけ算の意味がわかりやすくなります。
下の例を参考にして教えて下さい。

もんだい
なし2こいりのさらが 3さらあります
全部でなんこですか?

ばいの考え方→2の3ばい
かけ算の式→2×3=6
答え なしはぜんぶで6こ
2+2+2の答えと同じです。

教え方3

はじめに5のだんの九九を教えます。

5のだんのしくみと5のだんの九九のとなえ方を乗り物の場面を用いて教えます。


もんだい
 1台に5人のれる車があります。1台から9台まで、じゅんに何人のれるか考えましょう。

車の数×1台の人数(5人)=全部の人数

図を見せながら、一台増えるごとに5人ずつ増えることを気づかせます。

↓車の数とのれる人数の表


5のだんの九九のとなえ方を教えます

5×1=5・・・ご いち が ご
5×2=10・・・ご に じゅう
5×3=15・・・ご さん じゅうご
5×4=20・・・ご し にじゅう
5×5=25・・・ご ご にじゅうご
5×6=30・・・ご ろく さんじゅう
5×7=35・・・ご しち さんじゅうご
5×8=40・・・ご は しじゅう
5×9=45・・・ごっく しじゅうご
うたうように 何度も繰り返して覚える練習をさせましょう。
毎日ただしく言えるか聞いてあげると早く覚えられます。

教え方4

5の段の教え方の後に、2・3・4の段の九九を教えます。5の段の九九を最初に教えるのは、時計の読み方やお金の数え方で5とびの数え方に慣れているからです。
1年生で5とびの数え方を習っています

例 2のだんのかけ算

もんだい
2こ入りのクッキーのはこがあります。
はこがふえていくと クッキーの数は どんなふうになりますか。
2×1=2

2×2=4


2×3=6

2のだんは 2ずつふえていくことに気づかせて、つぎの答えを言わせてみましょう。
2×4=
2×5=
2×6=
2×7=
2×8=
2×9=
2のだんのとなえ方は教科書に出ていますので 家でも練習させましょう。
1年生で10までは2とびの数え方を習っています

このように3のだん、4のだん、とだんだんに学校で九九の答えと となえ方を習ってきますので、そのつど、学校で勉強してきた後に、九九のとなえ方の練習を聞いてあげると、九九に慣れる手助けになります。


九九の練習は、楽しく覚えられるように、ゆっくりでも励ましてあげるとお子さんは喜びます。

次のページ(6.7.8.9.1の段の九九)へ

  

2年目次にもどる

トップへ戻る


Copyright (C) 2018 いっちに算数

inserted by FC2 system