2年算数 かけ算(2)
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

前のページ(かけ算1)へ戻る

@ 6・7・8・9・1の段の九九
A かけ算を使って解く問題の考え方
B かけ算九九の練習方法
C 生活場面で九九を使うことのよさ

教え方5

6・7・8・9・1の段の九九も同じようにたし算の考え方から九九を作ります。

例 6のだん


□の数を考えて 6のだんの九九をぜんぶ つくりましょう
6×1=□
6×2=□
6×3=□
↓↓つづける

6のだんのとなえ方は、教科書にのっています。
同じようにして 7のだん、8のだん、9のだん、1のだんの九九も作らせます。
となえ方は 教科書に載っています。
九九はかけ算の基本です。
しっかり練習させましょう。

教え方6

九九の練習は、楽しく覚えられるように、ゆっくりでも励ましてあげるとお子さんは喜びます。

  

先生によっては、下のようなカードで、励ましながら取り組まれる先生もおられます。学校で使っている九九カードや家庭のオリジナルの九九カードで練習すると、少しずつ算数に自信をもたせることができます。

いろいろな九九練習カードがありますが、参考例を紹介します。
裏に九九の表を貼っておくと便利です。
「じゅんに」が全部言えるようになったら「ぎゃくに」や「ばらばら」も言えるように練習させて下さい。「ばらばら」は保護者の方がその段の九九をばらばらに聞いて、正しく言えるかどうかためしてみてください。

教え方7

かけ算九九を使った問題を考えさせて式を立てさせます。

もんだい
箱にチョコレートが3こずつ4れつ入っています。2こ食べると のこりは何こですか?


動画作成協力・・動くイラストフリー素材


食べる前のチョコレートの数
・・・3×4=12
食べた数・・・2


3×4=12
12−2=10
答え  10こ


もんだい
1つ8円のあめ5こと 50円のビスケット1まいを 買いました。みんなでいくらですか。



はじめにあめ5この ねだんを もとめさせます

8×5=40
40+50=90
答え    90円

式や答えがあっていたら ほめてあげましょう。考え方を言葉で言わせましょう。


身のまわりから かけ算で すべてのかずがわかるものを 探させてみましょう。
そして、その数を求める九九を言わせてみましょう。

例 
同じ数ずつ入った食べ物

ビルのまどの数

同じ花の花びらの数

ボタンの数

教科書には、かけ算を用いた文章題の練習問題がありますので、少しずつ取り組ませると文章問題に慣れてきます。また、かけ算の「九九を覚えること」は、お子さんによっては、個人差がありますのであせらず、ゆっくり、ゆっくり、時間をかけてほめながら、取り組ませることが大切です。大人があせると、かえって子どもは算数が嫌いになることがあります。

2年目次にもどる
トップへ戻る


Copyright (C) 2018 いっちに算数

inserted by FC2 system