5年算数 円と正多角形
正多角形の書き方
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版


動画を見せながら説明した後に、
お子さんに作らせると理解が深まります。

(下のアニメについての説明は
記事の中にあります。)



GIFアニメ作成協力:動くイラストフリー素材

@正多角形の意味
A正多角形のかき方
B円周率の求め方(円の円周と直径の関係)
C円周や直径の求め方
D生活の中で円周を求めるよさ

教え方1

 正六角形や正八角形を作らせながら、正六角形や正八角形の意味をとらえさせます。 


動画を見せて六角形のつくり方を説明し、
お子さんに作らせて、
気づいたことを言わせます。



GIFアニメ作成協力:動くイラストフリー素材

作った六角形で気づいたことをまとめます
○6つの辺の長さが等しい
○6つの角の大きさが等しい

正六角形とは
6つの辺の長さが等しく、
6つの角の大きさが等しい

六角形を
正六角形(せいろっかくけい)
といいます。


動画を見せて八角形のつくり方を
説明し、お子さんに作らせ
気づいたことを言わせます。




GIFアニメ作成協力:動くイラストフリー素材

作った八角形を見て気づいたことをまとめさせます
○8つの辺の長さが等しい
○8つの角の大きさが等しい

正八角形とは
8つの辺の長さが等しく、
8つの角の大きさが等しい
八角形を正八角形といいます。


次の二つのことを覚えましょう

@直線で囲まれた図形多角形といいます
A辺の長さがすべて等しく、角の大きさもすべて等しい多角形正多角形といいます。


覚えたらほめてあげましょう
下の形も覚えておきましょう


多角形と正多角形のちがいを
理解させると正多角形の名前が
覚えやすくなります 


下は正多角形ではない多角形の例です。

教え方2

教え方2-@分度器を使う方法
 円を使った正多角形のかき方を考えさせ、動画で確かめさせます。

円を使った正六角形のかき方

円中心のまわりを6等分して、
60度になるように分度器で
半径を順にかきます

分度器の使い方

次にそのはしの点を直線でつなぐと
正六角形ができます。

同じ方法で、正五角形もかけます
360÷5で中心を72°ずつに
分けましょう




同じ方法で、正八角形もかけます
360÷8=45
中心角を45°ずつ分けましょう。


言葉で説明するよりも、実際
書かせたほうが理解が深まります

教え方2-Aコンパスを使う方法
 コンパスを使った正六角形のかき方を考えさせ、動画で確かめさせます。

コンパスを使った正六角形のかき方

GIFアニメ作成協力:動くイラストフリー素材



コンパスの使い方

なぜそうなるのかも考えさせましょう。

答え 
コンパスを広げた幅=半径と
6つの三角形の一辺の長さが
おなじになるからです。
2/2ページに進む


次のページでは、
○ 円周率の求め方(円の円周と直径の関係)
○ 円周や直径の求め方
を掲載しています。


5年の目次に戻る
いっちに算数」の全体目次に戻る

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system