2けたでわるわり算の筆算
1/2ページ
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※ 先生用の指導補足は、次のページの後ろに掲載しています。


 わり算の考え方のアニメを見せながら、
教えるとわかりやすくなります。


わり算の勉強を忘れている時は、
前にふりかえって教えると効果的です
3年「わり算」「あまりのあるわり算
4年「1けたでわるわり算の筆算

@2、3けたの数÷2けたの数の計算の意味と筆算のしかた
A2、3けたの数÷2けたの数の計算であまりのある筆算
B4けたの数÷2、3けたの数の筆算 
Cわり算の性質とその性質を使った計算の工夫

教え方1
 2けたでわるわり算で、わり算の答えが1の位になる計算のしかたを教えます。

問題@    
 60円で1こ6円のチョコを買います。
チョコは、何こ買えますか?

式60÷6=10 答え チョコは10こ買える

問題A    
 60円で1こ20円のチョコを買います。
チョコは、何こ買えますか?

式60÷20=

10円玉6枚で考えさせます。
   

10円玉2枚で、チョコは1こ買える。
10円玉6枚で、チョコは3こ買える。

このことを式で表すと、
60÷20=3 答え チョコは 3こ買える


上の考え方を使って90÷20の答えを求めます

問題B 90÷20 を求めましょう

90と20を9と2に見立てて、9の中に2は4つとれるので、20×4は80として、90-80は10となる。
このことから90÷20=4あまり10となります。

   20×4 + 10    =90
わる数×商+あまり=わられる数

問題C 130÷20=   150÷20=

130÷20=は、130と20を13と2に見立てて、13の中に2は6つとれるので、20×6は120として、130-120は10となる。
このことから130÷20=6あまり10となります。

150÷20=は、150と20を15と2に見立てて、15の中に2は7つとれるので、20×7は140として、150-140は10となる。
このことから150÷20=7あまり10となります。

教え方2-@
 2けた÷2けたのわり算で、90÷20の時のように、商の見当づけをした筆算のしかたを教えます。

問題@
 96枚のおり紙があります。これを1人32まいずつ分けると何人に分けられますか?

式 96÷32=

答えの求め方
96を90とみて、32を30とみて、
90÷30の商の見当を3として、考えさせます。


動画を見せて96÷32 の
求め方に気づかせます


96÷32に求め方を理解したら
動画で筆算のしかたを教えます


2けたでわるわり算は、1けたでわるわり算と
同じように、たてる→かける→ひく
同じ方法で計算することを教えます

教え方2-A
 3けた÷2けたのわり算で、商が1の位になるわり算の考え方に気づかせ筆算のしかたを教えます。

問題@
 175枚のおり紙があります。これを35人に配ると、1人何まいになりますか?

式 175÷35=


商がどの位にたつかの
見当づけをさせます


動画を見せながら175÷35
の求め方に気づかせます


175÷35に求め方を理解したら
動画で筆算のしかたを教えます


2けたでわるわり算は、1けたでわるわり算と
同じように、たてる→かける→ひく
同じ方法で計算することを教えます

下の筆算と答えで確かめましょう

この続きは、下をクリックして下さい
2/2ページに進む

次のページには、
B3、4けたの数÷2、3けたの数の筆算 
Cわり算の性質とその性質を使った計算の工夫
を掲載しています。

4年の目次に戻る
「いっちに算数」の全体目次に戻る

(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援 By はな丸先生 All Rights Reserved)

inserted by FC2 system