明日の授業に役立てたい
若い先生方に
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

小学校の先生方は、指導教科領域が多いので、行事や生活指導だけでなく、授業の準備も大変だと思います。

「いっちに算数」ホームページで、単元のおおまかな流れ(単元構成)を参考にされると、指導書解説書読みやすくなるのではないかと思います。
新しい単元に入る前に、指導内容を把握したり、単元の終了後に、指導した内容の確認などに参考にしていいただき、基礎力のアップにつながればと思います。
       
算数で大切な学年と領域の系統(数と計算・量と測定・図形・数量関係)や間違えやすい問題ポイントを簡潔に掲載しています。また、算数アニメ動画で、視覚的にわかりやすくなるように工夫しています。

すでに掲載済みの単元一覧は、各学年の目次をご覧下さい。
全学年・全単元の掲載に向けて準備をし、3年「重さ」・6年「立体の体積」・2年「分数」・3年「分数」からは、先生用の指導の補足解説を掲載しています。これも全単元掲載できるように準備をしています。

若い先生方の授業研のヒント少人数授業の準備などにも参考にしていただければと思います。
 ( ※ 単元目標は、保護者用ですので、先生用にアレンジ下さい。) 
その代わりに指導補足の欄で、単元の基本的な考え方を掲載していますので、特に研究授業の構想研究のまとめの一つの参考にしていただければと思います。
尚「いっちに算数」のホームページは、全ページ、スマホ版対応です。

中学や高校の数学の先生方にも、生徒たちに、小学校の「算数にさかのぼって教えたい時」にご利用できます。

小学校の先生方へ
(指導の補足について

「いっちに算数」は、文科省の小学校学習指導要領解説算数編に示す学習内容をベース(基本)として作成しています。
     
 
 ただ、保護者の方や学習ボランティアの方など、学校の先生以外の方向けに作成していますので、算数の専門用語などは、できるだけ使わないようしています。
 
 また、学習指導要領では、「生きる力」の育成に向けて、「思考力・判断力・表現力」の育成を基盤に、「子どもの主体的な学び」を大切にしています。
   
 
 学校でもその方針に沿って従って指導されておられることと思いますが、「いちに算数」は、家庭や学校以外の公的機関などの限られた時間で、保護者の方や学習ボランティアの方々が学習支援を行うことを想定していますので、「主体的な学び」というより、「教える」という視点で作成しています。
     

 そこが学校で指導するここと、保護者の方や学習ボランティアの方々が、補足的に学習支援を行うこととの違いとして作成しています。
 
 同時に紙面の関係上、つまづきが多い所単元の指導の中で特に大切な要点を絞って掲載しています。
 小学校の先生が全学年を教えるのには、6年間かかります。
       
 そこで、算数の領域(「数と計算」・「量と測定」・「図形」・「数量関係」)の中で、各学年の単元によって「子どもがつまずきやすい所」を知りたい先生方もおられると思いますので、特に若い先生方や経験の浅い先生方には、授業づくりや研究授業の一つの参考にしていただければ幸いです。

新学習指導要領への移行措置について

子どもたちのために、日々、ご尽力されている先生方の一助となれば幸いです。 

全体目次に戻る
Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved
inserted by FC2 system