子どものよさを伸ばし、
自信をもたせるほめ方
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

子どものよさを伸ばし、自信を持たせるためには、ほめることを大切にしたいと思います。
「子どもには、叱ることのほうが多くて」ということも聞きます。

そういう時は、子どものよい所を考えたり、子どもの伸びを待つということを意識していると、子どものよさが見えてくるのではないかと思います。

特に他の子どもとの比較ではなく、その子自身が、時間の経過の中で伸びているところを、ほめることができればと思います。

例えば「昨日より、今日は、こんなことができたね。」と、大きな伸びではなく、普段の生活の中での、小さな伸びをほめていきたいと思います。
同時にその子なりの発想や考え方もほめることができるのではないかと思います。
その時に「ほめるポイントが、その子にぴったりあてはまっている」と、子どもは「できる」という自信を持ちはじめます。

家庭で算数を教える時にも、次のことを意識してほめていくと「子どもは、できるという自信」を、少しずつ持ちはじめ、笑顔になります。

○ この考え方は、買い物などの生活に役立つね。
○ だれも気づかなかった考えだね。
○ その考えは、いつでも使えるね。
○ そのやり方は、正確にできるね。
○ 図があるから、わかりやすく説明できるね。
○ 前に使った考えを利用しているからわかりやすいね。
○ その考えは、短い時間でできて、とても簡単だね。
○ 数字や記号があって、みんながわかりやすくなるね。

スポーツや習いごとをしているお子さんもおられると思います。
その中で、その活動に「ぴったりあてはまるほめ方」があると思います

あせらずじっくり子どものよさを見つめ、時間の経過の中で、その子の小さな小さな伸びをほめ、お子さんのよさを引き出していけたらいいですね。   

全体目次に戻る

(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援By はな丸先生 All Rights Reserved)

inserted by FC2 system