6年 変わり方を調べて(1)
(出会い算と追いつき算)
1/2ページ
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版


算数アニメを活用して、問題場面と
解き方をとらえられるようにしています。


「速さ」の勉強を忘れている時は、
6年1学期「速さ」
クリックしておさらいしましょう。

@2つの変化する数や量の変わり方に目をつけ、たし算やひき算の考え方をとらえること
A2つの変化する数や量の変わり方を表や式で表すこと
B表から、変化の規則やきまりをみつけ問題をとくこと

教え方1
変化する様子を表にかいて、変化の変わり方(一定量が増えていくこと)をみつけ、問題の解き方をとらえさせます。

下の問題を例にして、考えさせます


問題を読ませた後に、問題の場面をとらえさせます↓


変化の様子を表に整理させます↓

下の表から、1分たつごとに、リカさんとお兄さんの歩いた道のり(距離)の合計は、150mずつ増えていることがわかります。

表から、1分間たつと、2人の歩いた道のり(距離)の合計は、150mとなる。
学校と家の道のり(距離)は、1200m
なので、式は次のとおりです。

70+80=150   1200÷150=8
答え 8分後に2人は出会う

動画で上の問題の解き方を確かめさせます

教え方2
上の問題の考え方を使って、次の問題を考えさせます。

練習問題
上の問題で、リカとお兄さんの家から学校まで、2100mあるとすると、2人は何分後に出会いますか?


70+80=150   2100÷150=14
答え 14分後に、2人は出会う

次は2/2ページをご覧下さい

6年の目次に戻る

いっちに算数の全体目次に戻る

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system