6年 場合の数(1)
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※先生用の指導補足は、次ページに掲載しています。


動画を見せるとわかりやすくなります

最初は子ども達が試合で使っている
リーグ戦を取り上げて教えます。

   

下のリーグ表をよく使いますが
試合の落ち重なりがない工夫
を考えさせます

【表を使う】

【図を使う】

         

 

@図や表を使って、順序よく整理すること
A図や表を使って、全部の中から条件にあったものの見つけ方
B組み合わせや並べ方を整理して、落ちや重なりがない調べ方
Cいろいろな場合を考えて、場合をあげて調べ条件にあうもののみつけ方

教え方1
 4つの動物から、2つの動物を選んで組み合わせる時の順序よく整理する方法に気づかせます。

問題@
    

 くま、うさぎ、しか、ペンギンの4チームが試合をします。どのチームも1回ずつあたるようにします。試合の組み合わせを全部書きましょう。

考えが思い浮かばない時は、
表で考える方法に気づかせます

考えが思い浮かばない時は、
図で考える方法に気づかせます

 動画を見せながら、組みあわせがあっているか確かめさせます。

答え
くまとうさぎ、くまとしか、 くまとペンギン、
うさぎとしか、うさぎとペンギン
しかとペンギンの6通りの組み合わせがあります。

 上の表を使う考え方は、ある一つのものを決めて、それに対応するものを探します。順々に探していくと、重なるところや落ちている所がないように組み合わせを考えられます。

 上の図を使う考え方は、くまから順番に矢印で結び、その本数が試合の組み合わせの数になるという考えです。これも重なるところや落ちている所がないように組み合わせを考えられることができます。

教え方2
 
4つの中から3つを選んで組をつくる場合の数の方法を気づかせます。

問題A
  

 上の4種類のチョコレートがあります。このチョコレートのうち、3種類を組にして、箱にいれます。
 チョコレートの組み合わせは、何通りできますか。

 表に書いて考える方法に気づかせます。


動画を見せながら考え方を確かめます

 上の表の考え方は、順にチョコを入れていき、入れたチョコにまるをつけていく考え方です。

 上の表の考え方は、いれないチョに×をつけていく考え方です。こちらの方が、早く組み合わせを見つけることができることを気づかせたいと思います。

 子ども達は生活の中で、目的に応じて、組み合わせ考える経験をしています。しかし、落ちや重なりがないように整理することには慣れていないので、上のような図や表を使って考えることを教えたいと思います。理解に時間がかかるお子さんには、上の算数アニメを見せて説明していくとわかりやすくなります。

 次はこちらをクリックして下さい。

 次のページは、「3つのものの並べ方」と「4つのものの中から3つを選んで並べる」の教え方を掲載しています。

※その後に、先生用の指導補足を掲載しています。

6年の目次に戻る

トップへ戻る

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system