5年算数
円グラフ・帯グラフの書き方
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

帯グラフと円グラフの書き方を
アニメを見せながら教えます。



 円グラフの書き方 動画


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

詳しい説明はこちら(5年 割合2)

帯グラフの書き方 動画



動画作成協力・・動くイラストフリー素材

詳しい説明はこちら(5年 割合2)


円グラフ・帯グラフの書き方のポイント

【1】 調査結果の表から、各項目の数量が全体の何%になるかを求めます。
 例 クラス40人の中で保育園出身が24人のときは 24÷40=0.6  ・・・60%

【2】全ての項目の%をたして100にならないときは、数字が大きい項目の数を変えて100%になるよう調節する。

 例 40+25+18+12+4=99の時は
40を41に変える

【3】項目を%の大きい順に並べ替える(その他は数字が大きくても最後にする)

  例 A35% B30% C22% 
   D3% その他10%  

【4】円グラフのときは、全ての項目の%を角度に計算し直す。
  例 40%→360×0.4=144度
(合計360にならないときは、大きい数字を調節する)

【5】円グラフは12時の位置から、右回りに大きい順に角度で円を区切っていく。
 帯グラフは、100までのめもりを作って、大きい順に 左から%の数字で区切っていく。

【6】最後に表題を書く
 
円グラフの例


帯グラフの例


この勉強は5年「割合」で習います。
ここをクリックし下さい→5年「割合」

5年の目次に戻る

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

「いっちに算数」の全体目次に戻る

inserted by FC2 system