4年 小数×整数 小数÷整数(1)
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※先生用の指導補足は、次ページに掲載しています。

 「3年の小数」、4年1学期の「小数」の勉強のあたりから、小数の勉強をむずかしく感じるお子さんもいます。
 4年生2学期の「小数×整数」、「小数÷整数」の考え方は、整数の時と同じ考え方で勉強することを理解させることが「教え方」のポンイトです。

 

@ 小数×整数、小数÷整数の計算の意味
A 小数×整数、小数÷整数の計算のしかたと筆算
B 小数のしくみや計算のきまり
C 生活場面での小数の計算のよさ

 小数の勉強が苦手なお子さんには、「3年の小数」のふりかえりと4年1学期の「小数」のふりかえりをしておくと、ここの勉強がわかりやすくなります。リンクで参考にされて下さい。

教え方1

整数×整数の計算を元に、小数×整数の計算のしかたを教えます。

問題1 牛乳1L入りの牛乳が6本あります。全部で牛乳は何Lですか?

1L   1L   1L  1L  1L  1L
式 1×6=6   答え 6L
1本の量×本数=全体の量

 上の整数×整数の考え方を使って、下の小数×整数の計算のしかたを考えさせます。

問題2 牛乳0.2L入りの牛乳が6本あります。全部で牛乳は何Lですか?
   
0.2L 0.2L 0.2L 0.2L 0.2L 0.2L


式 0.2 ×  6  =   
1本の量×本数=全体の量

 答えを出すために、2つの方法があることにを気づかせます。

方法1
0.2Lは0.1Lが2こ 0.1 Lのいくつ分で考えると2×6=12  0.1Lが12こで1.2L0.2×6=1.2  答え1.2L

方法2
0.2Lは2dL  dL考えると2×6=12  12dLは1.2L 0.2×6=1.2  答え1.2L

 2つの方法に気づかせたら、次のことを整理します。

小数のかけ算は、0.1のいくつ分という考え方で、整数のかけ算と同じように計算することができる。

 声を出して少し覚える練習をするとこれからの勉強に役に立ちます。

教え方2

 小数×整数(1けたの数)の筆算のしかたを教えます。そして間違いが多い計算についても説明します。

3.4×6の計算のしかたを教えます。
3.4は、0.1が34こ
3.4×6は、0.1が(34×6)こ 答20.4
となるので、下の動画で筆算のしかたを教えます。


3.3×6の筆算のしかた

 教科書の練習問題に取り組むと、少しずつ基礎力がついていきます。下の問題のように、よく間違る問題があるので、丁寧に教えていきたいと思います。


小数×整数(2けたの数)の筆算のしかたを教えます。そして間違いが多い計算についても説明します。

1.4×23の計算のしかたを教えます。
整数の時と同じように14×23=322
とした時、12は、1.2×10としているので、322の数字を10でわります。
すると答えは、32.2となります。
そこで、下の図を使って筆算のしかたを教えます。

この続きはこちらをクリックして下さい

4年目次へ

「いっちに算数」の全体目次に戻る

※先生用の指導補足は、次ページに掲載しています。

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system