4年算数  小数
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

 子どもたちは、おかしやジュースなど、どちらが多いかを気にします。小数は、「はした」が、はっきりわかる便利な考え方ということに気づかせれば、勉強の意欲がわいてきます。

下のジュースはどちらが多い?

 上のジュースは、どちらが多いのか、見た目ではわかりません。そこで4年生の小数の勉強では、整数で表せないの位より小さい「はした」のかさを調べることを通して小数のしくみを教えていきたいと思います。

@ の位の小数のしくみや表し方
A の位の小数のたし算・ひき算のしかたと筆算
B 0.1と、0.01と、0.001との関係とそれぞれの大きさ
C 生活場面で小数を使うよさ

教え方1

 水のかさ調べを通して、の位よりさらに小さい「はしたの水のかさ」として、の位の小数の意味を教えます。
下の動画を使って、の位で調べられない、「はしたの水のかさ」をの位で調べる方法を教えます。

 


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

上の動画で説明した後に、
1Lのは、0.1L
さらに0.1Lのは、0.01L

であることと
0.01Lの読み方は、
(れい点れい1リットル)ということを教えます。
1Lのをあらわしています。

動画の中では
0.05Lという数字が出てきます。
0.01Lが5こ分という意味を教えます。



さらに「はした」があるときは
0.1Lので0.001Lということも教えます。

0.001Lは、1Lのです。
読み方は れい点れいれい1リットルです。

水とうの水の量を小数で言わせましょう。



水の量は、
1Lが1つ分で 1L
0.1Lが4つ分で 0.4L
0.01Lが5つ分で  0.05L
だから、
あわせて、1.45Lになると教えます。
読み方を、いってんよんごリットルと教えます。


いってんよんじゅうごリットル は まちがいです

教え方2

 生活場面で使われる長さや重さを例に、の位までの小数の意味を教えます。


上の橋は、1254mあります。
1254mは、何kmですか?

1000mは 、1kmです
100 mは、1kmの で、0.1kmです
10mは、 0.1 kmので、0.01kmです
1 mは、0.01 kmの で、0.001kmです
0.001kmは、れい点れいれいいちキロメートルと読み方を教えます。

ここで上のことを声に出して覚える練習をしておくことが、この後の小数の勉強で、とても大事です

245mは、
0.1 kmが、2つあって0.2km
0.01kmが 、4つあって 0.04km
0.001 kmが、5 つあって0.005km
あわせて、0.245km
そこで、1254mは、1.245kmとなることを教えます。
読み方は 「いってんにぃよんごキロメートル」です。

いってんにひゃくよんじゅうごキロメートルは、まちがった読み方です。

教え方2

1と0.1、0.01、0.001 の関係を下の図を使って教え、の位までの小数のしくみを教えます。



下の動画で確かめさせます。


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

最初の正方形のが、水色の柱です

0.1をさらに10に分けた1つが0.01です
0.01は こい青の長方形部分です。

それを さらに10に分けた1つが
0.001でこいむらさき色の正方形です↓

動画で小数のしくみを説明した後に、
1と0.1と0.01と0.001の間には、下の図のような関係があることを気づかせます。


教え方3

の位までの小数の位(くらい)どりを教え、その後に示された小数が0.1や0.01や0.001の何こ分かいう考え方を教えます。

31.245は、10 、1、 0.1 、0.01 、0.001をそれぞれ何こあわせた数ですか

お子さんの考えを聞いてから
それぞれ、10を3こ、1を1こ、0.1を2こ、0.01を4こ、0.001を5こあわせた数であることを教えます。
そして、下の図で、の位までの数の関係と小数第( )位という言葉を教えます。
小数第1位(しょうすうだいいちい)はの位
小数第2位(しょうすうだいにい)はの位
小数第3位(しょうすうだいさんい)はの位

※小数は、この後も第4位、第5位と続きます

次に、小数を10倍したり、にしたりすると、小数点の場所は、どのようになるかを下の図を使って気づかせます。

100倍したときは、右に2つ分動き
倍したときは、左に2つ分動きます。

例 1.56×100=156
  1.56x=0.0156

下の問題は、多くの子ども達が苦手な問題ですので、ていねいに教えていきましょう。

問題1 次の表のあいているらんに答えを書きましょう

問題1の答え

問題2
3.459は、0.001をいくつ集めた数ですか?

答え 0.001を3459こ集めた数


問題3 次の表の□にあてはまる数を書きましょう

問題3の答え

10倍100倍など、数を大きくするときは、小数点は右に動き、倍など、数を小さくするときは、小数点は左に動く と覚えましょう。

教え方4

の位までの小数のたし算とひき算の筆算を教えます。
その後に特に間違いが多い問題を提示していますので、ていねいに教えます。

3.62+2.26 の 筆算のしかたです

8.67-5.45 の 筆算のしかたです

動画作成協力・・動くイラストフリー素材

間違えやすい問題例

下の問題は、多くの子ども達が苦手な問題ですので、ていねいに教えていきましょう。
筆算するときは、小数点の位置をそろえて書きます。整数の時は、整数の右下に小数点があると考えて筆算の形に書きます。

横書きの式を筆算の形に書いて計算しましょう。
問題1
8+2.43
5.14+1.86
問題2
4−1.43
6.43−1.83
問題3
3.64−0.6
6.43−5.83

解答

できていたらほめてあげましょう。



最後に

教科書やドリルの練習問題をくり返しして、小数のしくみや計算のしかたをしっかり身に付けさせましょう。

この勉強が、2学期の「小数のかけ算・わり算」の勉強に生かされます。

4年目次へ
「いっちに算数」の全体目次に戻る


◎小学校の先生方への補足

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system