4年算数 変わり方 
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

この学習は3年の「表とグラフ」□を使った式」4年の「調べ方と整理の仕方」の学習を元に積み上げる学習です。以前の学習が不完全なお子さんは、リンク先でおさらいしておきましょう。

1.2つの量の関係を表に書いて調べること
2.変わり方の表の書き方
3.変わり方のきまりの見つけ方
4.変わり方のきまりを使って、片方の量が変化したときのもう一方の量を予測すること

教え方1

下の問題を読んで、2つの量の変わり方を表に書かせます。

問題
12本のぼうを使って、長方形や正方形を作ります。たてのぼうの本数とよこのぼうの本数を表に書きなさい。



表の書き方
(1) 2だんの表をつくる(右はとじない)

(2)たての本数とよこの本数という文字を書き込む

(3)たての本数を1.2.3・・・と1ずつ、ふやしていき、よこの本数の変わり方を調べて書き込む。


(4)表が全部書けたら、2つの量の間にあるきまりを見つけさせる。(変わらないものは何か?)


下の動画で問題の意味を確かめましょう



動画作成「動くイラストフリー素材」
次に 表の書き方と
きまりの見つけ方を確かめましょう



完成した表の例

上の動画のように「ことばの式」や「△や○を使った式」で表すことも教えます。

ことばの式 と △や○を使った式

お子さんがここまで理解できたら、教科書の練習問題を解かせてみましょう。

表の書き方がわからないお子さんには、上の動画をくり返し見せて、どんな表を作ればいいか、考えさせましょう。
変わり方を調べるには、表を書くとわかりやすいということを とらえさせてください。

次のページへ

トップページへ


Copyright 2018 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system