4年算数
わり算の筆算(2けた)1
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

わり算は2けたの数でわる段階になると、とたんに難しくなります。ここでは、やさしい問題から順を追って、わり算の考え方を説明しながら、2けたでわるわり算の筆算の教え方を紹介しています。


わり算の勉強を忘れている時は、
前にふりかえって教えると効果的です
3年「わり算」「あまりのあるわり算
4年「1けたでわるわり算の筆算

@ 2けたや3けたの数÷2けたの数 の計算の意味と筆算のしかた
A 2けたや3けたの数÷2けたの数 の計算で、あまりのある筆算のしかた
B 4けたの数÷2けたや3けたの数 の筆算のしかた
C わり算の性質とその性質を使った計算の工夫

教え方1

やさしい問題から順々に2けたでわるわり算のしかたをかんがえさせていきます。

問題1

 60円持っていて、1こ10円のチョコを買います。
チョコは、何こ買えますか?

60円

1こ10円

式 60÷10=6 
答え チョコは6こ買える

チョコ1こと10円玉1つが対応しているので理解しやすい問題です。




では、次の問題を考えさせます。

問題2

 60円で1こ20円のチョコを買います。
チョコは、何こ買えますか?

1こ20円

式60÷20=

10円玉6枚で考えさせます。

10円玉2枚で、チョコは1こ買える。


10円玉6枚で、チョコは3こ買える

このことを式で表すと、
60÷20=3 
答え チョコは 3こ買える


上の考え方を使って90÷20の答えを求めます

問題3

 90円持っていたら、1つ20円のチョコは何個買えますか?

式 90÷20 の答えを求めましょう

90と20を9と2に見立てて、9の中に2は4つとれるので、20×4は80として、90-80は10となる。
このことから90÷20=4あまり10となります。

   20 × 4 + 10 = 90
 わる数×商+あまり=わられる数

問題4

次の計算をさせましょう。
130÷20=  
150÷20=

考え方

130÷20=は、130と20を13と2に見立てて、13の中に2は6つとれるので、
20×6は120として、
130-120は10となる。

このことから130÷20=6あまり10となります。

150÷20=は
150と20を15と2に見立てて、
15の中に2は7つとれるので、
20×7は140として、
150-140=10となります

このことから150÷20=7あまり10となります。

ここまではわられる数もわる数も0がついた数なので比較的理解しやすい内容です。

つぎは、わる数にもわられる数にも0がついていません。
でも、考え方は上のような考え方になります。

教え方2

教え方2-@
 2けた÷2けたのわり算で、90÷20の時のように、商の見当づけをした筆算のしかたを教えますが、はじめに計算の意味を教えます。

問題@
 96枚のおり紙があります。これを1人32まいずつ分けると何人に分けられますか?

言葉の式
「全部の枚数」÷「一人分の枚数」=人数

式 96÷32=

答えの求め方
96を90とみて、32を30とみて
90÷30の商の見当(けんとう)を3として、考えさせます。


動画を見せて96÷32 の
求め方に気づかせます


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

答え 
下の図のようにひとり32枚ずつでわけると
3人に分けられます


たしかめの計算
一人分×人数=元の枚数だから
32×3=96でもとの数になる

二けたの数でわる筆算のしかた

96÷32の求め方を理解したら、動画で筆算のしかたを教えます。



↓2けた÷2けたの筆算

くりかえしご覧下さい
動画作成協力・・動くイラストフリー素材


2けたでわるわり算は、1けたでわるわり算と
同じように、たてる→かける→ひく
同じ順序で計算することを教えます


教え方3


つぎに3けたの数をわる場合の考え方と筆算のしかたを教えます。

(1)3けた÷2けたのわり算で、商が1の位になるわり算の考え方を教えます。

問題1


 175枚のおり紙があります。これを35人に配ると、1人何まいになりますか?

言葉の式
全部の枚数÷人数=一人分

式 175÷35=


商がどの位に立つかの
見当づけをさせます


動画を見せながら175÷35
の求め方に気づかせます


3けた÷2けたのわり算↓動画


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

動画の説明
2けた÷1けたで見当をつけます。
175を17とみる
35を3とみる


5枚ずつ35人に配ることを予想します

すると元のわられる数175になるので
ちょうど一人5まいずつになります。

2桁のわり算であまりがある時

(2)見当をつけた商が大きすぎてわることができないときの考え方を教えます

175÷35では割りきれますが
180÷35では、どうなるか考えさせましょう。

答え↓
180を18とみて、35を3とみると


見当をつけた商が大きすぎたときは1つ減らして計算し直します。それでもひけないときは、もう一つ商を減らします。
元の数180と35×5の積の差があまりになります。

3けた÷2けたの筆算

175÷35の求め方を理解したら
動画で筆算のしかたを教えます

3けた÷2けたの筆算↓わりきれる場合


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

動画の説明

わられる数□□■の□□と
わる数□■の□をくらべます

途中のかけ算で繰り上がりの数を
右上に小さく書くと
まちがえにくくなります

3けた÷2けたの筆算↓わりきれない場合


180÷35の場合はこうなります↓





2けたでわるわり算は、1けたでわるわり算と
同じように、たてる→かける→ひくという
順序で計算することを教えます

途中のかけ算で繰り上がりがあったり、ひき算でくり下がりがある場合に、計算違いをしやすいので、ひとつひとつをゆっくりていねいに行うよう、助言するとよいでしょう。

練習問題

 @48÷4  A324÷68
 B523÷57  C100÷25
 D740÷24 E 684÷34

解答

この続きは、下をクリックして下さい
2けたのわり算その2に進む

次のページには、
B3けたや4けた÷2けたや3けたのわり算の筆算
Cわり算の性質とその性質を使った計算の工夫
を掲載しています。

4年の目次に戻る
「いっちに算数」の全体目次に戻る

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system