3年 計算のきまり
(分配の法則)
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

@分配法則の意味と計算の順序
A分配法則を用いた式の表し方
B分配法則を用いた計算

教え方1

問題文から、式の意味について考えさせ、分配法則のきまりに気づかせます。

問題
1こ40円のチョコレートと1こ50円のクッキーがそれぞれ5こずつ買います。
代金は、合わせて何円ですか?

 たろう君の考え方
40+50=90
90×5=450  
答え 代金は450円
チョコとクッキー1つずつを1組と考えて
その合計の代金を5倍するという考え方ですね。

 花子さんの考え方
40×5=200
50×5=250
200+250=450 
答え 代金は450円
チョコの合計代金とクッキーの合計代金を先に計算してたし算するという考え方ですね。

2人が考えた式を、一つの式で表してみます。

 たろう君の式を一つにします
(40+50)×5=450
答え 代金は450円

花子さんの式を一つにします
(40×5)+(50×5)=450
答え 代金は450円

 このことから、次の式が成り立つことに気づかせます

(40+50)×5=(40×5)+(50×5)


 文章問題の意味が理解できない時には、下の算数アニメを見せて、考え方に気づかせたいと思います。



動画作成協力「動くイラストフリー素材」

教え方2

教え方2
上の考え方を、練習問題を通して、理解させます。

練習問題
 □にあてはまる数字を入れましょう
 @ (6+2)×7=(6×□)+(2×□)

A (25×4)+(75×4)=(□+□)×4

練習問題の答え


生活の中で生かそう

1本100円のボールペンを2円値下げしてくれたので4本買いました。
代金はいくらですか?


ふつう、
(100−2)×4と考えますね。
つまり98×4
しかし、この計算は暗算しにくい計算です。

分配のきまりを使うと
(100−2)×4=100×4−2×4
となりますね。

すると
 100×4=400
 2×4=8 
は、暗算できるので
 400−8=392
と、暗算で答えが出ます。

お金で考えるとわかりやすくなります。


買い物のときなど、筆算しなくても答えがわかるので便利だと気づかせましょう。
98×4も筆算させて答えが同じになることを確かめさせてください。

最後に
 「計算のきまり(分配の法則)」を意識させるためには、計算のしかたを教えるだけでなく、なぜそうなるかを理解させたいと思います。
 そして考え方が理解できるようになったら、教科書の練習問題を通して、分配の法則の考え方を少しずつとらえさせたいと思います。

3年のもくじに戻る
「いっちに算数」の全体目次

学年別メニュー
1年 2年 3年 4年 5年 6年

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system