3年 あまりのあるわり算
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

@ あまりのあるわり算の意味
A あまりのあるわり算の計算のしかた
B 生活場面でのまりのあるわり算の使い方


最初に3年の1学期に勉強した「わり算」をふりかえらせましょう。
「わり算のふりかえり」

教え方1

生活場面で問題を通して、あまりのあるわり算の意味を教えます。

問題 アイスを1人3個ずつ分けます。アイス10個では、何人に分けられますか?

アイスが1個あまったね  

そこで、わり算の式で考えます。
10÷3=3あまり1
答え3人に配ることができ、アイスが1個あまる



※ わり算の答えを出す時は、九九を使って考えると答えが出しやすいことを教えたいと思います。
※ わり算のあまりは、いつもわる数より小さいことを気づかせたいと思います。
そのためには、おかしやお金など実物を使ってあまりのあるわり算を教えるとわかりやすくなります



◎9÷3=3 のようにあまりがないときは、わりきれると言います。
◎10÷3=3あまり1のように、
あまりがある時は割り切れないと言います。
声を出して覚えられるといいですね。


教え方2

わり算の答えのたしかめ方を教えます。

問題 アイスを1人3個ずつ分けます。アイス10個では、何人に分けられますか?

10÷3=3あまり1
答え3人に配ることができ、アイスが1個あまる

答えをたしかめる式を考えさせます。
3  ×  3+  1=    9
配った個数 配った人数 残ったあめ あめの数 


教え方3

生活場面で、あまりのあるわり算が使われる問題とその答えのたし方を教えます。

問題 1そうで3人のれるボ−トがあります。19人の子どもがのるには、なんそうのボ−トが必要ですか?

19÷3=6あまり1
6そうのボ−トにすると1人のれなくなるから、全部で7そうボ−トが必要になる。
答えは、7そうボ−トが必要

「あまりの切り上げ」を答えとして、だす時があることを教えておきたいと思います。


最後に

※ 買い物の場面で、あまりのあるわり算をよく使うことがありますので、お子さんにあまりのあるわり算を使った問題づくりをさせると理解が深まります。
※ あまりのあるわり算の文章問題が、教科書にのっていますので、理解をふかめさせたいと思います。

3年もくじに戻る
トップへ戻る

  

(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援
By はな丸先生 All Rights Reserved)
inserted by FC2 system