2年算数
 たし算ひき算のひっ算
2けた+2けた
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版


これまでのたし算の勉強を忘れている時は、下をクリックしておさらいしておきましょう。

2年1学期のたし算とひき算
くり上がりくり下がりのある2けたの計算


1年のおさらいは↓
1年いくつといくつとたし算(1)
1年たし算(2)繰り上がりあり
1年ひき算(1)繰り下がりなし
1年ひき算(2)繰り下がりあり

@ 2けたの数+1けたの数のひっ算
A 2けたの数+2けたのひっ算
B 2けたの数+(何十)のあん算
C 2けたの数−(何十)のあん算

教え方1

買い物の場面を想像させて、はじめに、2けた+1けたのたし算の考え方と筆算のしかたを教えます。

問題
 16円のチョコと3円のあめを買います。だい金はいくらになりますか?

     
チョコ16円   あめ3円  
あわせて 代金を求める しきは
 16+3  となります。

16+3の考え方の動画を見せて下さい。


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

16+3の考え方が理解できたら16+3のひっ算のしかたを教えます 

16+3の筆算のしかたは↓


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

教え方2

つぎに2けた+2けたの考え方と筆算のしかたを教えます。
42+15を例に考えさせます。



42+15の考え方は↓


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

42+15の考え方が理解できたら
42+15のひっ算のしかたを教えます


42+15の筆算のしかたは↓


動画作成協力・・動くイラストフリー素材

ここまではくりあがりのないたし算です。

教え方3

買い物の場面を想像させて、2けたの数+1けたの数のくりあがりがあるたし算の考え方と筆算のしかたを教えます。

問題 
46円のメロンパンと28円のチョコパンを買います。だい金はいくらになりますか?


あわせてだい金をもとめるしきは
46+28  となります。

46+28の計算の考え方は下の動画を見せます。(くりあがりのあるたし算です)



動画作成協力・・動くイラストフリー素材

46+28の考え方が理解できたら
46+28のひっ算のしかたを教えます


46+28のひっ算のしかたは
下の動画のようになります。


動画作成協力・・動くイラストフリー素材
動画をくり返し見せて、
くり上がりの意味とやりかたを覚えさせます

下の画像のようにくり上がりの1を
となりのマスの左上に小さく書かせると
間違いが減ります。↓



教え方4

46+28と28+46の筆算をさせて、答えを比べさせます。


同じであることに気づかせます。

他の例もあげて筆算させます。
例 35+26 と 26+35
どちらも 答えは61になります

↓のたし算のきまりを確認させましょう。

たし算のきまり
たし算では、たされる数と たす数を入れかえても 答えは同じです

2けたのひき算の筆算につづく

2年目次にもどる

トップへ戻る

(C) 2018 いっちに算数 All Rights Reserved
inserted by FC2 system