1年 なんばんめ
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

なんばんめ(まえから・うしろから) 

親子でみましょう ↓

@実物や絵などの順番や位置をとらえさせます。
A「まえ・うしろ・みぎ・ひだり・うえ・した」の方向や位置を表すことを理解させます。
B数が順序を表すことを、操作活動や算数アニメを通して、とらえさせます。

なんばんめ(みぎから・ひだりから) 

親子でみましょう ↓


なんばんめ(うえから・したから) 

親子でみましょう ↓



うえから 3ばんめの え と
うえから 3まいの え のちがい

うえから 3ばんめの え↓


うえから 3まいの え↓


この違いをしっかり確認させましょう。

【小学校の先生方への指導補足】
授業づくりや研究授業の参考にしていただければと思います。

@「なんばんめ」の学習は、数は、ものの個数を数えるだけではないことをとらえさせます。
A「なんばんめ」の学習は、ものの順番を言い表すことに使われることを教えるために、数えはじめの位置を教えることが大事です。
B何人と何番目の違いを生活体験を通してとらえさせます。
(例:子どもを一列に椅子に並べて、「前から5番目の人は立ちましょう」、「前から5人は、立ちましょう」との違い。
Cこの活動は、算数の時だけでなく、給食の順番や体育の整列の時にも取り入れることにより、体験的にとらえることができます。

1年算数 目次へ

トップページへ

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system