1年 3つのかずのけいさん
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※先生用の指導補足は、次ページに掲載しています。

 この勉強では「4+3+2」や「10−5−3」のように、3つの数の場合でもたし算やひき算を使って、1つの式に表すことができることをとらえさせたいと思います。 

 この勉強の考え方は、2年生以上から中学・高校の数学でもよく使う大切な考え方ですので、ていねいに教えたいと思います。

 そこでこの勉強では「はじめに」→「次に」→「その次に」→「だから」の言葉を大切に家庭でも聞いてあげると、お子さんがわかりやすくなります。

@ 3つの数の計算の意味と一つの式に表すよさ
A 3つの数の計算のしかた
B 生活場面での3つの数の計算のよさ

教え方1

3つの数の計算の問題を通して、一つの式に表すよさに気づかせます。

問題 ねこバスに、はじめにねこが5ひきのっています。4ひきのりました。また1ぴきのりました。ねこは、なんぴきになりましたか?      

 下の動画をみせながら、おはじきなどを使って、順に増えていく様子をとらえさせていくと、式に表すことに気づかせることができます。


 1・2年の計算の勉強は、実物や挿し絵などの様子からブロックやおはじき、そして式に数字で表す考えた方で教えることを大切にしています。

教え方2

 問題2を通して、最初の数字から、へってまたへる、という考え方を一つの式に表すよさに気づかせます。

問題2 ねこバスに、はじめにねこが9ひきのっています。3びきおりました。また1ぴきおりました。ねこは、なんびきになりましたか?      

 今度は、最初の数から順に減っていく様子をブロックなどを使ってとらえさせ、一つの式に表すことに気づかせたいと思います。


教え方3 

 問題3を通して、最初の数字から、へったり、ふえたりするという考え方を一つの式に表すよさに気づかせます。

問題3 ねこバスに、はじめにねこが5ひきのっています。3ひきおりました。その後、4ひきのりました。ねこは、なんびきになりましたか?      

 今度は、最初の数から順にへったりふえたりしていく様子をブロックなどを使ってとらえさせ、一つの式に表すことに気づかせたいと思います。

この続きはここをクリックして下さい

1年目次へ
トップへ戻る

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved

inserted by FC2 system