1年算数 かたちづくり
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

学校で習った後に一緒に遊びましょう


 
 学校での「かたちづくり」の勉強が全部終わった後に、家庭で色板ならべや棒ならべの遊びを一緒にすると、いろいろな図形の気づきを振り返ることができます。
 そのことが、図形の感覚をより豊かにすることにつながっていきます。

@色板ならべを通した平面のみかた
A棒ならべを通した棒による平面のみかた
B点をつないだ平面のみかた

遊び方1
 教科書のさし絵をみながら、
どんな形にみえるか聞いてみます。

   

 色板を並べて、家やふね、魚など色板の枚数をかえたりして色々な形を作らせます。

 家や魚の形は、何枚の色板になっているか聞いてみます。

 色板の組み合わせから、角の大きさや、色板に接するところなども聞いてみます。

遊び方2
 色板を使って、遊び方を教えます
下の動画のように、まわす・ずらす・裏返す・移動させる活動を大切にします。

下の動画を参考にして下さい。

子どもに遊び方を見せます


遊び方の例を示してあげます

色板を移動させ、形をかえる遊び
子どもに遊び方を見せます

遊び方3
 てんをつないで、いろいろなかたちをつくって遊ばせます。

遊ばせ方の例

 遊びを通して、「点」「へん」「頂点」の言葉は使わないで、点をせんで結ぶと形ができていくことに気づかせます。

 これらの3つの遊びを通して、立体から、平面の仲間わけの学びにつながっていきます。

最後に
 子どもが折り紙や積み木で遊ぶ時間を大切にしたいと思います。
 こうした活動がいろいろ形に興味をもつよい機会となり、遊びを通して図形の感覚を豊かにしていきます。
 高学年で計算は苦手だけど、図形のひらめきが得意なお子さんがいます。子どもなりの認知のしかたや発想がオリジナリティを発揮する場面があります。それは、子どもの頃のこうした遊びが素地になっているのでないかと思います。

かたちを使ったゲームへ

1年目次へ
トップへ戻る

  〜こちらも参考にして下さい〜
◎子どものよさを伸ばし、自信を持たせるほめ方
◎家庭で教えて、基礎学力のアップ
◎テストの見直しで、基礎学力のアップ
◎「いっちに算数」の使い方

【小学校の先生方への補足】
授業づくりや研究授業の一つの参考にしていただければ幸いです。

 「かたちづくり」の学習は、図形領域の学習です。

 低学年の図形領域の大きなねらいは、図形についての感覚を豊かにすることです。
 そして、そのキーワードは、@特徴や弁別を大切にすることA図形の構成・分解の見通しです。 

続きは、次のページをご覧下さい

1年目次へ
トップへ戻る

Copyright 2019 いっちに算数 All Rights Reserved
inserted by FC2 system