1年算数
100までのかずのけいさん
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

この学習は「大きい数」(100までの数)の学習を元に 繰り上がり繰り下がりのない2けたの数の計算を学習する単元です。
「大きい数」のおさらいをさせてから教えることをおすすめします。

1.数を10を単位としてみること
2.10を単位とした計算(たし算ひき算)
3.くりあがりやくりさがりのない2ケタと1ケタのたし算ひき算

4.くりあがりやくりさがりのない2ケタと2ケタのたし算ひき算

教え方1

10本のたばになった鉛筆のたし算ひき算を通して、「何十たす何十」や「何十ひく何十」の計算ができるようにします。

問題@
20本のえんぴつと40本のえんぴつをあわせると何本になりますか。


答えのアニメ↓




しき 20+40=60
こたえ  60本

問題A
60本のえんぴつから10本ひくとなん本のこりますか


答えのアニメ


しき 60−10=50
こたえ   50本

子どもは、日常生活で「20円と50円をたしたらいくらになるか」「70円もっていたけど30円使ったので 残りはいくらになったか」などの計算をよくしています。
10を単位とした計算は、理解しやすい計算です。
10円玉を使って、計算練習させると間違わずにできることも多いでしょう。


例 40円+20円
  80円−50円 など
実際に10円玉を使って、お子さんに操作させてみてください。
また、教科書の練習問題をさせてみて、答えがあっていたら、ほめてあげましょう。

教え方2へつづく


動画作成協力動くイラストフリー素材

1年算数 目次へ

トップページへ


Copyright 2018 いっちに算数 All Rights Reserved


inserted by FC2 system