6年 対称な図形
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※先生用の指導補足は、次ページに掲載しています。

〜お子さんのひらめきや発想を大切に〜

国旗のデザインから、折り曲げたり、回転させると、何か気づくことがないか聞いてみたいと思います。

 生活の中で見ている図形で、その特徴として共通のことがないかを考えさせます。

  


折り曲げると重なるよ


回転させると重なるよ

@線対称・点対称の意味
A線対称・点対称の性質
B線対称・点対称のかき方
C正多角形と対称な図形の見方

教え方1
 折り重ねて重なる形を見せて、重ねたときの重なる点や直線に気づかせながら、線対称の図形を教えます。


折り重ねて重なる動画を見せます
重なっている点や線はどこか
お子さんに気づかせます。

 1つの直線を折り目にして折ったとき、両側がぴったり重なる図形を線対称な図形といいます。また、その直線を対称の軸といいます。


よく使うので覚えておきましょう


重なる点や直線がどこか
確かめさせます

 対応する点□や対応する線□△という言葉を使うことを大切にしたいと思います。

・対応する2つの点を結ぶ直線は、対称の軸と垂直に交わります。
・その交わる点から、対応する点から、対応する2つの点の長さは等しくなっています。

線対称の図形のかき方

 最初は、方眼のノートを使って教えたほうが、子どもはわかりやすくなります。定規やコンパスの使い方は、お子さんから聞かれたら教えます。

 ノートに書くとき、対応する点や線に気づかないときは、教えます。

教え方2
 180度回して重ねて重なる形を見せて、重ねたときの重なる点や直線に気づかせながら、点対称の図形を教えます。


180度回転させて重なる
動画を見せます
重なっている点や線はどこか
お子さんに気づかせます。

 1つの点を中心にして、180度回転したとき、もとの図形にぴったり重なる図形を点対称な図形といいます。 またこの点を対称の中心といいます。


中心になる点はどこか、また
重なる点や直線を確かめさせます。

・対応する2つの点を結ぶ直線は、対称の中心を通ります。
・対称の中心から、対応する点から2つの点までの長さは等しくなっています。

点対称の図形のかき方

 中心点や対応する点や線に気づかせます。また、定規やコンパスの使い方を聞かれた時は教えます。

教え方3
 線対称や点対称の考え方をもとにして、正多角形と対称な図形の見方に気づかせます。

この続きは次のページをご覧下さい

6年の目次

トップページに戻る

※先生用の指導補足は、次ページの最後に掲載しています。

Copyright (C) 2018 子どもの学習支援By はな丸先生 All Rights Reserved)

inserted by FC2 system