3年 一億までの数
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

1万枚より多い葉っぱを数えるには?

 2年生は、10000までの数のよみ方や、書き方数のしくみを習ってきました。3年生では、「1億までの数」の勉強で、一万、十万、百万、千万と万を単位とした数のしくみを学んでいきます。
 上のイチョウの葉っぱの数のように、とても大きな数をあつかいますので、算数アニメなども使って、
一億までの数のしくみ
をとらえさせたいと思います。

10倍の考えを使った、1億までの数のしくみ

 万の単位の意味を知っていれば、イチョウの葉っぱが、4800000枚と言うよりも、480万枚といったほうが、わかりやすくなります。万を使う便利さを味わわせることで、勉強の意欲を高めることができればと思います。

@一億までの数のよみ方、書き方、数のしくみ
A千や万を単位とした簡単なたし算とひき算
B数を10倍100倍することや10でわる考え方
C生活場面で一億までの数を用いるよさ

教え方1
 
学校のいんさつ室の紙の枚数を調べることを通して、一万をこえる大きな数のよみ方、かき方、数のしくみをとらえさせます。

問題 
 学校のいんさつ室にある紙の数をしらべました。
紙は、全部で何まいありますか。
1000まいのたばが23こ
100まいのたばが3こ
10まいのたばが5こ
あと1まい

いんさつ室にある紙の数


1000のたば10こで1万を思い出させます
1000のたば20こで2万を教えます

動画をみせながら、入場券の数え方に気づかせます


一万をこえる数のよみ方、かき方、漢字での書き方を教えます


位取り板を使って、23561の数を確かめます

 子どもたちが苦手な問題です。
練習すると後の勉強がわかりやすくなります。


教え方2
 かご島県、北海道、東京都の人口の読み方を調べ、千万の位での数のよみ方、かき方を教えます。

鹿児島の人口は、1624801人
北海道の人口は、5320523人
東京都の人口は、13742906人です

 千万の位までの数のよみ方やかき方を教えます
一万を10こ集めた数を十万
十万を10こ集めた数を百万
百万を10こ集めた数を千万


声を出して覚えるとこれからの
勉強がわかりやすくなります

鹿児島の人口は、1624801人
北海道の人口は、5320523人
東京都の人口は、13742906人
読めるかな?

千万の位を教えてあげます

教え方3
一万までの数のしくみをもとに、
一億までの数のしくみを気づかせます。

 下の算数アニメを見せながら、千万が百万の10倍になっていることを気づかせます。そして千万を10倍した数は一億ということを教えます。

教え方4
万の位までの大小をくらべ、数直線の上の数字をよんだり、書いたりすることを教えます。

下の図で数直線の見方を教えます

1めもり1000であることを教えます

数直線のよみ方を練習します

2つの数をくらべて、
>か<を使って、かく練習をします
6380064300
485000 484000

教え方5

 万の位までの数の簡単なたし算とひき算のしかたを教えます。

   
17000円    3000円

問題@
赤ゲームきと青ゲームきのねだんをあわせるといくらになりますか?

17000円は1000円が17あります
3000円は、1000円が3あります17+3=20だから
1000が20あるので20000です
答え20000円です

問題A
赤ゲームきと青ゲームきのねだんのちがいは何円ですか?

17000円は1000円が17あります
3000円は、1000円が3あります17-3=14だから
1000が14あるので14000です
答え14000円です

教え方6  
 数を10倍や100倍にすることや、数を10でわることを考えさせ、□×10の計算や□×100の計算、□÷10の計算のしかたを気づかせます。

問題
あめ10このねだんは、何円ですか?

あめ1このねだんが20円の時  
  
20×10=200    20の10倍で200
答え200円 

あめ1このねだんが25円の時
  
  
  
25×10=200    25の10倍で250
答え250円

上のことから、次のことを教えます。
どんな数でも10倍すると、位が1つ上がり、右はしに0を1こつけた数になります。動画でみると、次のようになります。

 


覚えておくと、これからの勉強の役に立ちます。
どんな数でも10倍すると、位が1つ上がり、右はしに0を1こつけた数になります。


数を100倍にした時のことも教えます

 100倍した時は、どんな数でも100倍すると、位が2つ上がり、右はしに0を2こつけた数になることを教えます。

問題  
10で50円のあめがあります
あめ1このねだんはいくらですか?


50÷10=5   こたえ あめ1こ5円

10で250円のあめがあります
あめ1このねだんはいくらですか?
250÷10=25  こたえ あめ1こ25円

上のことから、次のことを教えます。
一の位が0の数を10でわると、位が1つ下がり、一の位の0をとった数となります。動画でみると、次のようになります。


声を出して覚えると
これからの勉強に役立ちます

最後に
 4年生になると「億」や「兆」を勉強しますので、普段の生活ではなじみがうすいので「億」や「兆」の大きな数を苦手とするお子さんもいます。
 そこで、3年生の「一億までの数」の教科書の練習問題で、おさらいをしっかりして、4年生に向けての基礎を身につけることができればと思います。

ご閲覧ありがとうございました。
「教え方」などでご質問がある方は

こちらをクリックして下さい。

3年もくじに戻る

トップへ戻る

【小学校の先生方への指導補足】
授業づくりや研究授業のヒントの参考にしていただければと思います。

 「一億までの数」については、数の相対的な大きさを理解させるために、千万までの位取り表を効果的に活用したいと思います 

 そこで、数の大きさを相対的にとらえさせるためには、千万までの位取り表を使い、千万が○こ、百万が○こ、十万が○こというように、数の仕組みについての理解をさせたいと思います。
 そのためには、もとになる数とある数との関係をとらえさせることが大切で、具体物な操作活動や紙の束をみせるなどの視覚的にとらえさせる活動が効果的と思います。
 また、2年生の学習で学んだ、10のまとまり、100のまとまりなどの考えたを思い出せながら指導の充実を図ることができればと思います。

続きは、こちらをクリックして下さい


(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援By はな丸先生 All Rights Reserved)

inserted by FC2 system