2年 たし算とひき算1/2ページ
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※先生用の指導補足は、次のページに掲載しています。


算数アニメを見せながら教えられます。


1年のおさらいはクリックして下さい
1年いくつといくつとたし算(1)
1年たし算(2)繰り上がりあり
1年ひき算(1)繰り下がりなし
1年ひき算(2)繰り下がりあり

@(2けたの数)+(1けたの数)の計算の理解と暗算のしかた
A(2けたの数)+(何十)の計算の理解と暗算のしかた
B(2けたの数)−(1けたの数)の計算の理解と暗算のしかた
C(2けたの数)−(何十)の計算の理解と暗算のしかた

教え方1
1年生で習った17+2の計算をもとにして、17+3の計算の仕方に気づかせます。そして、(2けたの数)+(1けたの数)で、和(たし算の答え)が、何十になる暗算のしかたを教えます。

もんだい@
えんぴつを 17本 もっています。
2本 もらうと 何本に なりますか。
  +  
          2本もらいました

もんだい@の ときかた と こたえ
しき 17+2=19 答え 19本

もんだいA
えんぴつを 17本 もっています。
3本 もらうと 何本に なりますか。

もんだいAの ときかた
しきは、17+3になります。
したのずのように、17と3をたして20になります。

したのずのように10と10をたすと20になります。

しき 17+3=20 こたえ 20本


下の動画でたしかめさせましょう

もんだいB
えんぴつを 35本 もっています。
5本 もらうと 何本に なりますか。

もんだいBのときかた
しきは、35+5です。
をたして10です。
すると10が4たばできます。
しき 35+5=40 こたえ40本

35+5の計算は、数が大きくなるので、頭の中で考えるのが、最初は難しく感じると思います。そこで、鉛筆を使って考えさせるとわかりやすくなります。(100円ショップなどで買ってきて用意)

      
【安全面で気をつけて】
学校では、算数セットの計算棒のなどで教えることもあります。
家庭で教える時は、料理用などの「くし」や「つまようじ」などを使うと、危ないです。(特に乳幼児がいる家庭や低学年のお子さん)
    
未使用の鉛筆のほうが、子どもにとっては、大きくて具体的な操作活動がしやすくなります。

教え方2-@
(何十何)+(何)の計算で、繰り上がって何十何になる計算のしかたを教えます。

もんだいC
えんぴつを 17本 もっています。
4本 もらうと 何本に なりますか。

もんだいCのときかた
しきは17+4です。
したのずのように、4を3と1にわけます。

そして、17と3をたして20にして、
のこりの1をたして21にします。

しき17+4=21 こたえ 21本


こたえが20をこえることに
気づかせることがポイントです


下の動画でたしかめさせましょう

もんだいD
48+3をけいさんしましょう
もんだいDの ときかた と こたえ

3を2と1にわけて、8に2をたします
8+2で10になるので、10のたばは
50になります。それにあまっている1をたして、こたえは51になります
式 48+3=51 こたえ51本

48の8を7と1にわけて、7たす3で
10にして、そのあと50たす1として、
51の答えを出すお子さんもいますが、間違いではありません。

もんだいE
14+50をけいさんしましょう
もんだいEの ときかた と こたえ

14を10と4にわけます。そして、10のたばと50をたして、のこりの4をたします。
したのずのようになります。
 
なので60たす4で64です。
しき 14+50=64 こたえ64本


こんどは、さきに10のたばどうしで、
たしたことに気づかせます。

教え方2-B
練習問題を通して、おさらいをさせます。

この続きはここをクリックして下さい

次のページは、(2けたの数)−(1けたの数)の計算と(2けたの数)−(何十)の計算と暗算の教え方を掲載しています。

2年生の目次にもどる

「いっちに算数」全体目次に戻る

Copyright (C) 2018 いっちに算数 All Rightsl Rights Reserved

inserted by FC2 system