2年 たし算とひき算(2)
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

@ 2けたの数±2けたの数のひっ算
A 3けたの数±2けたの数のひっ算
B くり上がり・くり下がりと位取りの考え方
C ひっ算のよさと生活場面での使い方

下の動画で、1学期のはじめに勉強した「たし算のおさらい」をしておくとわかりやすくなります。

16+3のひっ算のしかた


42+15のひっ算のしかた


教え方1

買い物の場面を使って、
2けたの数+2けたの数の
ひっ算のしかた教えます。

問題 54円のチョコと73円のビスケットを買います。だい金はいくらになりますか?

   
チョコ54円  ビスケット73円  
あわせて代金を求める式は
式 54+73  となります。

下の図を使って教えます。



上の図を使って、「くり上がり」の考え方を教えます。


54+73の考え方が理解できたら54+73のひっ算のしかたを教えます。 


54+73のひっ算のしかたは↓


教え方2

64+78で、2回「くり上がり」のあるたし算のひっ算のしかたを教えます。

下の図を使って教えます



上の図を使って、2回ある「くり上がり」の考え方を確かめさせます。

64+78のひっ算のしかたを教えます。




1が10集まると十の位に「くり上がる」こと、10が10集まると百の位に「くり上がる」あがることを教えます。

教え方3

買い物の場面を使って、3つの数のたし算のひっ算のしかた教えます。

問題 43円のメロンパンと26円のチョコパンと78円のビスケットを買います。だい金はいくらになりますか?

   
43円   26円  78円
あわせて代金を求める式は
式 43+26+78= となります。

43+26+78のひっ算のしかた
を教えます。



教え方4

3けた−2けたのひっ算のしかたを教えます。

問題 135円のチョコと62円のねだんのちがいは 何円ですか?

 
チョコ135円 ビスケット62円

代金のちがいを求める式は、
式 135−62=  となります。

135−62のひっ算のしかたを教えます。その時、「くり下がり」の考え方を教えます。


135−62のひっ算のしかた


答え チョコとビスケットのねだんは73円ちがう 


「くり上がり」の考え方に慣れてきていますので、今度は、上の図を使いながら、「くり下がり」の考え方を確かさせます。

教え方5

3けた+2けた、3けた−2けたのいろいろな計算のひっ算を教えます。

135+66のひっ算のしかたを教えます。その時、「くり上がり」が2回あることを教えます。



103−64の「くり下がり」が2回あるひっ算のしかたを教えます。


103−64のひっ算の仕方↓


さいごに

教科書の練習問題でおさらいをしておくと基礎力が身につきます。3年生では、3けた+3けたのひっ算、3けた−3けたのひっ算、さらに、4けたのひっ算の勉強をします。2年生の時に基礎をしっかり勉強しておけば、3年生の勉強はわかりやすくなります。

ご閲覧ありがとうございました。
「教え方」などでご質問がある方は

こちらをクリックして下さい。

2年目次にもどる

トップへ戻る

  〜こちらも参考にして下さい〜
◎子どものよさを伸ばし、自信を持たせるほめ方
◎家庭で教えて、基礎学力のアップ
◎テストの見直しで、基礎学力のアップ
◎「いっちに算数」の使い方

(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援
By はな丸先生 All Rights Reserved)
inserted by FC2 system