2年 計算のじゅんじょ
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※先生用の指導補足は、このページの最後に掲載しています。

 

 5・6年生や中学生でも、間違える計算の書き方を紹介します。
問題 17+(7+3)=
間違いの式
17+(7+3)=10と書いた後に
10+17=17 と書くことがあります。
これは、( )の中の7+3の計算を先に行うことだけを覚えているからです。そこで、( )の使い方や等号の意味を繰り返し教えたいと思います。また不等号も教え、正しい式の書き方と意味をとらえさせたいと思います。

@たし算の場面の(  )の意味
A(  )を使った計算の順序
B等号(=)不等号(><)の意味
C(  )を使った計算を用いるよさ

教え方1

 ふえる場面を、順に考えたり、ふえた数をまとめて考えたりして、いろいろな方法でとく考え方に気づかせます。そして( )の使い方を教えます。

問題@
おさるさんが、10ぴきいました。
そこに2ひききました。さらに5ひききました。全部で、なんびきですか。
式にかいてみましょう。


下の動画をみせながら、問題の
場面をとらえさせます。

【さるが来た順にたす考え方】

はじめ10ひき←●●←●●●●●
式で表すと
10+2=12 12+5=17 答え17ひき

順にたす時は、10+2+5=17一つ式になることを気づかせます。

動画を見せて考え方を確かめさせます

【増えたさるの数を考える考え方】
はじめ10ひき
←●●+●●●●●
式で表すと
2+5=7 ←(ふえたさるの数
10+7=17←(はじめの10ひきにふえた数をあわせる) 答え17ひき

まとめてたす時は、(  )をつかって表すことを教えます。
10+(2+5)=17 になることを教えます

動画を見せて考え方を確かめさせます

(   )の中は、さきに計算することを教えます
ただし、式にかく時は、
10+(2+5)=7と書いた後に
10+7=17と書くことがないように教えます。

 上の二つの考え方を、おはじきや図を使って説明させると、数をまとめて考えるよさが少しずつ理解されます。

じゅんにたしても、まとめてたしても答えは同じです。


声を出して聞いてもらい、覚えると、
これからの勉強の役に立ちます

教え方2

 数や量の大きさの大小を、
等号(=)や不等号(><)を使って
式に表すことを教えます。

問題
120円もって、おかしを買いに行きます。

 は 50円 

 は 20円 

 は 80円

  は 70円

問題@
120円で、80円のメロンパンと70円のアイスは買えますか?
120は、80+70より小さいので買えません。


120は、80+70より小さい
式で表すと、120<80+70

問題A
120円で、チョコパン50円と70円のアイスは買えますか?
120は、 50+70と同じなので、買えます。    


120は、 50+70と同じ
式で表すと、120=50+70

問題B
120円で、20円のあめと70円のアイスは買えますか?
120は、20+70より大きいので買えます。         


20+70より大きい
式で表すと、120>20+70

  
等号(=)や不等号( > < )は、
算数の勉強で重要なので、
2年生で覚えておくことが大切です。

教え方3
下の問題や教科書の練習問題でおさらいをします。

最後に
 2年の「計算のじゅんじょ」の勉強は、加法の結合法則の勉強です。
 保護者の方も学生の頃、習った言葉だと思います。この言葉そのものは、教えませんが、2年生で意味を教えます。
 こうした基礎の積み上げの中で、高学年の勉強に進んでいきますので、家庭でのおさらいに取り組まれると効果的です。

ご閲覧ありがとうございました。
「教え方」などで、ご質問がある方は

こちらをクリックして下さい。

2年 もくじに戻る

トップへ戻る

【小学校の先生方への指導補足】

 下記のような問題が、高学年は苦手ですので、指導の際に留意したいと思います。

問題
□の中にあてはまる数字の数あてをしましょう。

2□1261  答 7または8、9

42342□  答 2または1、0

1381□4  答 2または1、0

〜つめ込みの指導にならないために〜

 低学年は、特に、「レディネス」の考え方をふまえて、指導にあたりたいと思います。

 ずてぶん昔の算数指導では、かけ算の九九は、3年で定着でしたが、今は、2年生で確実にとされています。
 しかし、教え方としては、昔は、九九の暗唱を中心とした画一的なものでしたが、今は、算数的活動などを取り入れて、主体的に取り組むことを大切にしています。
 子どもの実態からみると、今も昔も早くすらすら言えるお子さんと、高学年になっても、すぐに九九が言うのが難しいお子さんもいます。
 では、大人になったらどうでしょうか。九九の暗唱を、毎日、猛練習していなくても使えるようになっています。

 ここで、教育心理学の「レディネス」を振り返っておきたいと思います。

この続きはここをクリックして下さい

2年 もくじに戻る

トップへ戻る

(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援By はな丸先生 All Rights Reserved)

inserted by FC2 system