2年 かけ算(1)
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

@ かけ算の意味と倍の考え方
A 2・3・4・5の段のかけ算のしくみ
と九九の唱え方 
B 「×」の用語とかけ算の式の表し方
C 生活場面でのかけ算での表し方

教え方1

生活場面を通して、かけ算の意味と式の考え方を教えます。


1台に4人のれる車があります。この車が3台あれば、何人のれますか?


上の図のように、4人のれる車が3つ分あるので、4の3つ分のことを「4×3とかき」、「よみ方を4かける3」と教えます。式であらわすと下のようになり、4×3のような計算を「かけ算」と教えます。

しき 
 4  ×   3   =  12
1つ分の数 いくつ分 ぜんぶの数


4×3=12は、4+4+4で求められることも教えます。

上のことを教えた後に、赤い字のところを声をだして練習をすると、このあとの「かけ算の勉強」が、わかりやすくなります。


教え方2

おもちゃの乗り物を使って、倍(ばい)の意味とかけ算が用いられる場面を教えます。

おもちゃのモノレールがあります。1台の長さは4pです。2台あると長さは何pになりますか?


←  4p  →←  4p  →

4pの2つ分ことを、「4pの2ばい」ということばを教えます。4の2ばいを式でかくと4×2=8とかき、答えは8pです。

「ばい」と「かけ算の式」の考え方を、買い物の場面で考えさせると、かけ算の意味がわかりやすくなります。
下の例を参考にして下さい。

なし2こいりのさらが 3さらあります
全部でなんこですか?

  

ばいの考え方→2の3ばい
かけ算の式→2×3=6
答え なしはぜんぶで6こ

教え方3

5の段のしくみと5の段の九九の唱え方を乗り物の場面を用いて教えます。


問題 1台に5人のれる車があります。1台から9台まで、それぞれ何人のれるか考えましょう。

車の数×1台の人数=全部の人数

図を見せながら、一台増えるごとに5人ずつ増えることを気づかせます。


学校で勉強した5の段の九九の唱え方を聞いてあげると少しずつ九九を覚えていきます。

教え方4

5の段の教え方の後に、2・3・4・6・7・8・9・1の段の九九の考え方を教えます。学校で勉強してきた後に、九九の唱え方の練習を聞いてあげると、九九に慣れる手助けになります。


九九の練習は、楽しく覚えられるように、ゆっくりでも励ましてあげるとお子さんは喜びます。

  

先生によっては、下のようなカードで、励ましながら取り組まれる先生もおられます。学校で使っている九九カードや家庭のオリジナルの九九カードで練習すると、少しずつ算数に自信をもたせることができます。


最後に
教科書には、かけ算を用いた文章題の練習問題がありますので、少しずつ取り組ませると文章問題に慣れてきます。また、かけ算の「九九を覚えること」は、お子さんによっては、個人差がありますのであせらず、ゆっくり、ゆっくり、時間をかけてほめながら、取り組ませることが大切です。大人があせると、かえって子どもは算数が嫌いになることがあります。

ご閲覧ありがとうございました。
「教え方」などで、ご質問がある方は

こちらをクリックして下さい。

2年目次にもどる

トップへ戻る

  〜こちらも参考にして下さい〜
◎子どものよさを伸ばし、自信を持たせるほめ方
◎家庭で教えて、基礎学力のアップ
◎テストの見直しで、基礎学力のアップ
◎「いっちに算数」の使い方


(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援
By はな丸先生 All Rights Reserved)

(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援
By はな丸先生 All Rights Reserved)
inserted by FC2 system