2年 10000までの数 1/2ページ
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※先生用の指導補足は、次のページに掲載しています。

はっぱは なんまいあるかな
たくさんの葉っぱも、数えれるようになろう!

 お子さんは、1年生の時、「大きいかず」という勉強で、「10が10個、集まったときに100になる」という勉強をしています。そして、2学期の「1000までの数」の勉強で、「100が、10個集まって、1000となる」ことを習っています。


1学期の「1000までの数」を
忘れている時には、振り返って
おさらいをするとわかりやすくなります
下をクリックし下さい
「2年の1000までの数」


1年「大きい数」

@1000をこえる数の表し方と数え方
A100を単位とした数の見方
B10000という数の意味と大小の比較
C生活場面で1000をこえる数を用いるよさ

教え方1
 1000のまとまりに気づかせ、1000をこえる数の数え方や表し方を教えます。

問題@
 1円玉が、下の図のよにあります。
1円玉は、何こあるか考えましょう。

最初に下の図の数を数えさせます

たてが10こよこが10こで全部で100です

上の100が10こで下の図は1000になります

上の図は1000のまとまりが1つです

上の図から
1000を2こあつめた数を二千といいます
のこり四百五十三をあわせると
全部で二千四百五十三といいます

教え方2-@
 
1000をこえる数を数字であらわす方法を教え、1000をこえる数のしくみに気づかせます。

 二千四百五十三を例に、下の動画
を見せながら説明します。

教え方2-A
 
練習問題を通して、1000をこえる数の表し方と数え方のおさらいをさせます。

答え合わせをしましょう

この続きはここをクリックして下さい

先生用の指導補足は、次のページの最後に掲載しています。

2年目次にもどる

「いっちに算数」全体目次に戻る

Copyright (C) 2018 子どもの学習支援By はな丸先生 All Rights Reserved)

inserted by FC2 system