1年 くり上がりのある たし算 その1
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版

※先生用の指導補足は、次ページに掲載しています。

 大人には簡単な「たし算」でも、1年生には、計算の方法だけでなく、「なぜ、くりあがるのか」を理解させることを大切にしたいと思います。
 最初に、たし算の場面の実物を見せて、それから、ブロックにおきかえて、計算のしかたを数字を使った式にして、教えるとわかりやすくなります。そして、ヒント場面や学習の振り返りで、下の算数アニメをみせると、さらにわかりやすくなります。

@1けた+1けたのくり上がりあるたし算の考え方
Aたして10になる(10の補数)ために、たす数やたされる数を分ける考え方
A1けた+1けたのくり上がりあるたし算の計算のしかた
C生活場面に用いるくり上がりのあるたし算のよさ

〜8+7を 子どもに聞くと、主に次のような考えを発表します。〜

@ たす数をわけて考える方法
8+7=8+(2+5)=(8+2)+5=10+5=15
A たされる数をわけて考える方法
8+7=(3+5)+7=5+(7+3)=5+10=15
B たされる数もたす数も わけて考える方法
8+7=(5+3)+(5+2)=(5+5)+(3+2)=10+5=15
C 8から一つずつ数えたしていく方法
 このことをふまえて、くり上がりのあるたし算は、次のように教えていきたいと思います。

 1学期のたし算を忘れている時は、ふりかえりのリンク先で教えるとわかりやすくなります。
@たし算の意味(あわせる)(くりあがりなし)
Aたし算の意味(ふえる)(くりあがりなし)
Bたし算の計算(くりあがりなし)

教え方1
1けた+1けたのくり上がりのあるたし算で、ブロックなどを動かして、10になる数を考え、くり上がりのあるたし算の考え方を気づかせます。

問題 はっぱに どんぐりが、7こあります。そこに、どんぐりが 4こ ころがってきました。どんぐりは なんこに なりましたか?
 
  +
あといくつで10になるか 考えさせます。
  +
7こに 3こをたすと10になることに気づかせます。
そのあとに、しきで 表すことを教えます。
7+4=11こたえ どんぐりは11こ
となることを教え、ノートに式と答えを書かせます。

 その後に、下の動画をみせて、勉強のふり返りとしておさらいをします。この動画は、ヒント場面でも利用できます。


 1けた+1けたのくり上がりのあるたし算で、ブロックなどを動かして、10になる数をつくるためには、たす数をどのようにわけるか考えさせたいと思います。

数をわけるという勉強は、1学期にしています。
  
上の動画を見せて、数をわける考え方のヒントにしていただればと思います。

問題 わたしは いちごを 7こ つみました。お母さんは いちごを 5こ つみました。あわせると なんこに なりますか?

   

あといくつで10になるか 考えさせます。その時たす数をどのように分けるか考えさせます。
 +
たす数の5を3と2分けることに気づかせます。そのあとに、しきで 表すことを教えます。
7+5=12 こたえ いちごはぜんぶで12ことなることを教えノートに式と答えを書かせます。

 その後に、下の動画をみせて、勉強のふり返りとしておさらいをします。この動画は、ヒント場面でも利用できます。


教え方2
 1けた+1けたのくり上がりのあるたし算で、たされる数が6以上の数(6、7、8、9)について、ブロックなどを動かして、10になる数を考え、くり上がりのあるたし算の練習をさせます。

最初はブロックを使って考えさせます。
問題 リンゴが9こ あります。 みかんが5こあります。あわせて くだものは なんこですか?


くだものを10こにするには、あといくつで10になるか 考えさせます。
※リンゴとみかんは、違う物ですが、くだものの数として考えせます。


みかんを1と4に分けることに気づかせます。そのあとに、しきで 表すことを教えます。
9+5=14 こたえ くだものはぜんぶで14こ
となることを教えノートに式と答えを書かせます。

上の問題では、
 

 りんご9を5と4に分けて、りんごの5みかんの5をあわせて10をつくり のこりの4をあわせてぜんぶで14にする子どももいます。

 10になるには、みかんの1をたしたほうが、はやく計算ができるように思いますか、子どもによっては、りんごの5とみかんの5であわせて、10としたほうがわかりやすいという子どもいます。この子どもなりの考えを、大切にしたいと思います。

 たされる数が5以下の数(5、4、3、2)の繰り上がりのあるたし算の考え方に気づかせます。
問題
 リンゴが4こ あります。 みかんが8こあります。あわせて くだものは なんこですか?

 4+8=12になりますが、8を6と2にわけ、4と6をたして10にして、答えを12とするやり方と、4を2と2にわけ、8と2をたして10にして答えを12にするやり方があります。両方あっていることを気づかせたいと思います。

この続きはここをクリックして下さい

1年目次へ
トップへ戻る   

(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援By はな丸先生 All Rights Reserved)
inserted by FC2 system