1年 ひきざん(1)
子どもの学習支援 by いっちに算数 スマホ版 

 ひき算は、大人にとっては簡単ですが、1年生には、ひき算を用いる場面を通して、ひき算を教えています。

@ ひき算が用いられる3つの場面
A ひき算が用いられ場面のブロックを使った考え方
B ひき算の記号や式のよみ方、かき方
C 生活場面でのひき算を用いるよさ 

ひき算には、主に3つの意味があります。

教え方1
 「のこりの数」を求める場面を用いて、ひき算を考えさせます。

問題
 5このあめがあります 3こたべると のこりは なんこですか?


 
 ブロックで、調べた後に動画で確かめます。最初に動画を見せて、ブロックで確かめる方法もあります。




 5こあめがあって、たべた3このあめを右に動かすと、あめが2こ、のこっています。
 これを式で表すと5−3=2となります。
こたえ あめは2こ


教え方2
 全体の中から、取り出したい「部分の数」を求める場合(例:男女が一緒になっている場面)用いてひき算を考えさせます。

問題
 こどもが5人います おとこのは 3人です。おんなの子は、なんにんですか?


 
 ブロックで、調べた後に動画で確かめます。最初に動画を見せて、ブロックで確かめる方法もあります。




 おんなの子の人数は、男女をわけて考えています
式で表すと 5−3=2 となります。
 こたえ おんなの子はふたりです。


教え方3
  2つの種類から、ものの数の「ちがい」を求める場合を用いてひき算を考えさせます。

問題
 赤のあめが5こ、青のあめが3こ、
どちらが なんこ おおいですか?

 

 ブロックで、調べた後に動画で確かめます。最初に動画を見せて、ブロックで確かめる方法もあります。



 赤と青のあめの数の ちがいを もとめるために、赤を上に、青を下において、数のちがいを考えます
式で表すと5−3=2になります
こたえ 赤いあめのほうが青いあめよりも2こおおい

最後に
 ひき算の勉強では、「のこりは」、「なんこおおい」、「ちがいは」 ということばを大切にしています。
 お子さんが、そのことばに一つでも気づいている時は、ぜひ、ほめてあげて下さい。

ご閲覧ありがとうございました。
「教え方」などで、ご質問がある方は

こちらをクリックして下さい。

1年目次へ
トップへ戻る

〜こちらも参考にして下さい〜
◎子どものよさを伸ばし、自信を持たせるほめ方
◎家庭で教えて、基礎学力のアップ
◎テストの見直しで、基礎学力のアップ
◎「いっちに算数」の使い方

(Copyright (C) 2018 子どもの学習支援
By はな丸先生 All Rights Reserved)

inserted by FC2 system